小さく切り取る毎日

介護の仕事のことや准看護学校の生活のこと、旅、気になったことなど

兄弟を感じる

 兄弟って、友達とはまた違う気持ちを抱かせる存在だ。

 弟と2年半ぶりに再会した今日、やっといろんな話ができるようになった。友人の兄弟関係の話を聞いては、「ウチは仲良くないのかな」と比べてきた蟠りが解かれる。

 散々迷惑をかけた兄弟が、こうして私に向き合ってくれる、慕ってくれるようになった。彼らの人間力と育ててくれた両親への感謝の思いが溢れる。

  「安心と覚悟」。兄弟である事実は一生変わらず、運命を共にする者同士をつなぐキーワードだと考えた。