読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さく切り取る毎日

介護の仕事のことや准看護学校の生活のこと、旅、気になったことなど

招き猫、解体

YouTube でこんな動画を見た。

youtu.be

What's inside ? の、「What's inside a lucky cat ?」という動画。
記事タイトル通り、招き猫の解体をしています。
そこで、なぜか一回目は全てを見ていられなかった自分。
 
動画の途中でも、「トイストーリーのシド(おもちゃを解体・改造する子供)みたいだね」と、登場している親子が話していた。
トイストーリーは子供の頃何度も見た好きな映画である。
でも、おもちゃの解体シーンは見れずに、目をつぶって耳を塞いだ。よく覚えている記憶。
 
今回もなんだか嫌な感じがしたので、解体シーンは早送りした。その後も、解体された招き猫がずっと映っていたので、見るのをやめた。自分の価値観で、やってはいけないことだと感じたのだ。複雑な気持ちにさせられた。
私は招き猫を持ってはいないが、それを見るたび魂か何かが宿っているような気がしてならないから。
ウィキペディアでも招き猫を調べてみたところ、諸説あるようだが、 いずれも猫に不思議な力が宿っていてそれを祀り、あやかっているものであるとのこと。
動画の招き猫は、プラスチックで、中身は磁石で単調なリズムを刻んで動いている、ちょこっとチープな感じなものであるが、顔が付いているから?、何かを感じるから?、でも壊したりなんかしたら「バチが当たる」のでは、そんな気がした。実際に解体してはいないが、それを見ている自分も同罪なのでは…、と。
 
魂とか何か見えないものを感じるものはみんな同じではないし、バチが当たるとか当たらないとか、全く信じない人もいる。動画の投稿者のように、招き猫に対しての認識や関心が異なるため、私の中では考えられないようなことをする人もいる。
もちろんびっくりする、だがそれと同時に、まだまだ私の世界は狭いなと感じる。