読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さく切り取る毎日

介護の仕事のことや准看護学校の生活のこと、旅、気になったことなど

大切なのは楽しもうと思うこと

久しぶりにコーヒー片手にナンダコーレ(http://www.spaceshowertv.com/nandacoole/)鑑賞。 素晴らしい動画たちに再び出会い、良さを再発見する。 今回ハマったのはこれ。 ばばん : ドキドキクラブ https://youtu.be/QZ_27N_Dfjg こういった感覚すごい好きだ…

「私は燃えている」

余命を宣告されると、人は燃えるのだろうか。 彼の肺がんは、膵臓へ、肝臓へ転移しており、もうあまり長くないとようだ。しかし、「今こうして皆さんと会えていることが幸せですし、前は胃がんを乗り越えたのだから、もう悔いのないように生ききりたい」と彼…

「そろそろ落ち着こうと思って」

「そろそろ落ち着こうと思って」。先日、約3年ぶりに再会した友人が繰り返した発した、結婚に向けての言葉である。 彼氏もいない、冬が近づくにつれてさみしさを感じている現在、友人の言葉はただただ衝撃的だった。しかしもっと強くハッとしたのは、人生の…

兄弟を感じる

兄弟って、友達とはまた違う気持ちを抱かせる存在だ。 弟と2年半ぶりに再会した今日、やっといろんな話ができるようになった。友人の兄弟関係の話を聞いては、「ウチは仲良くないのかな」と比べてきた蟠りが解かれる。 散々迷惑をかけた兄弟が、こうして私…

「今年の七夕でな、娘に会えますようにって書いたんだよ」

「今年の七夕でな、娘に会えますようにって書いたんだよ」。朝、松屋で彼はこう話してくれた。 釜ヶ崎に来て、もう5日。炊き出しや夜回り、いろんな人と会って、いろんな人がいることを知った。そのうちの一人、Aさん。「バカでアホな奴です」が自己紹介のセ…

「えっとなぁ〜、こっちやと思うで」

おっちゃんに道を尋ねると親切に答えてくれるも、その先には目的地はなかった。 動物園前から今池へ、歩いてドヤへ。暗いしiPadだし、なんとなく目立つと思ったので、人に尋ねて今池を目指すことにした。単純な道のりなのに、いろんな方向へ歩いては歩いた。…

「行ってきます」

1週間をかけて大阪へ行く。プランは半分未定。 名古屋に妹を迎えに行くついでにそこで降ろしてもらい、自分だけ大阪へ行く。両親と妹に見送られた。 いままで、旅の始まりといえばいつも空っぽの部屋が送り出してくれていた。不安な気持ちを部屋に向かって「…

あと少し

もう少しで1学期が終わる。4ヶ月間を共にした各教科の先生達との別れを経て、ひっそりと悲しんでいる。 仕事と勉強の日々は、時間の持つ速さという側面しかみせない。4ヶ月の道のりは、苦しかったり、苦しかったり。しかし、速さのおかげで嘆く暇もなくこ…

さかさまさかさ

大学時代に出会ったある先生は、毎朝逆立ちをするそうだ。なぜって、世の中を逆さから見るためである。 演習後の眠たい授業。寝まいと必死に字を書いて遊ぶ、逆さまにして。 ゆっくり時間をかけて、一生懸命書いた。授業は耳と筒抜けていた。 しかし、逆さま…

わたら のライブ

ある市の図書館でたまたま見つけたフライヤー。最後の一枚。多民族芸能楽団わたら。 私はまるで風になったようだった。大地の呼吸を感じて、さらなる場所へと吹きつ吹かれつ。その身軽さは、心の赴くままをゆるされたよう。 少しお話した方に図書館でのこと…

想いのかたち

youtu.be YouTube の関連動画に挙がっていた動画が目に入った。John legend の all of me。アメリカにいた時、車の中で初めて彼と手をつないだ時にラジオからかかっていた曲。 人生を振り返ると、嬉しかった時、励まされた時、ポジティブな方向へ気持ちが引…

夕焼けに染まった生活

弟をバイトへと送り出した帰り道、夕焼けが綺麗になってきていた。 信号を待っていると、地下通路を通らずに道路を横断するおっちゃん二人。白いTシャツがオレンジ色に染まりながら、楽しそうに会話をしている。少年のようだ。 少し進むと、祭の法被を着た…

植物まかせ

ハーブは生命力が強いと言われている。種を蒔けば、あれよあれよ成長し増殖し、管理に困るほどだ。と、聞いていた。 4月、プランターにカモミールとレモンバームの種を蒔いた。ハーブティにハマっていたので、早速育て始めた。水やりも欠かさず、芽が出て喜…

気力で持たせる1週間

全部暑さのせいだ。どうにも体がついていかないのだ。膝が痛い、苦しい、倦怠感。25歳まであと1ヶ月、のカウントダウンが始まろうとしている。歳のせいなのか。 朝5時起に起き、昼まで仕事、昼から夕方まで学校、夜勉強。食事洗濯は親に甘えている。しかし毎…

せみ

この時期、ミンミンという擬音から連想されるは、そう、蝉だ。 ミンミン、ジジジー、ビビビ?、注意して聴いているといろんな音として聞こえる。ボリューム調節から、テンポ調節、フェードアウトなんて技も繰り広げている。幾多もの蝉が同じタイミングで音を…

長野への旅

久しぶりのワクワクだった。 長いこと電車に揺られて長野駅へ。 そのままお手伝いののちに、 善光寺のそばにある宿に宿泊。 そこがまた落ち着いていて、小さな佇まいの中にも開放感があり、清潔感もあって、とてもよかった。 翌日。 イベント前に、かつて過…

久しぶりの電車

久しぶりの電車にのって、3時間をかけて行く先は、長野。 福祉イベントのお手伝いという名目、ちょこっと観光もしてくるつもり。 普段、学校と職場と自宅とをひたすら往復している生活のわたしには、 電車の中という社会に若干の焦りを感じている。 久しぶり…

髪の毛を切って思い出したはなし

美容室に行くのは、いつも突然。 朝目が醒めて、「あ、今日行かなきゃ」となにかの衝動が襲うのである。 この衝動は私にできるだけ早急な行動を要求してきて、かつ、成し遂げるまではずっと「早く切りたい早く切りたい」と訴えかけてくる。 まぁ、仕事とか予…

二十歳のころ

今週のお題「20歳」 それは大学二年生のころ、グループホームの夜勤バイトを、介護の仕事を始めた頃だった。 始めてすぐにある利用者の死に直面して、なんかこんな私でも人の最後に関わってしまった、という強烈に新しい価値観にもんもんとし、介護の仕事に…

ゆきが楽しい

降る前は嫌だったすごく。 でも、 降った後にズーンとあらゆるものにのしかかっている佇まいを見ると、 変に愛着を持ってしまう。 季節を運び、日常の景色を変える。 舞い降りてきただけで、人間を一喜一憂させる。 だが、動かぬ、無くならぬ。太陽を待つの…

招き猫、解体

YouTube でこんな動画を見た。 youtu.be What's inside ? の、「What's inside a lucky cat ?」という動画。 記事タイトル通り、招き猫の解体をしています。 そこで、なぜか一回目は全てを見ていられなかった自分。 動画の途中でも、「トイストーリーのシド(…

竜巻注意報

先ほど速報で発表された。初めて見た。 これを書いている途中にも、突然の突風音がやってくる。 突然、今いる家が吹き飛ばされたら、と妄想。どこまで飛んでいくのかしら。 向こうのお山のふもとまで、かな。 自然の中の私を感じます。